イグニスの値引きを簡単に行う

イグニスの値引き情報

スズキイグニスの値引き額詳細

イグニス車体価格値引き限界額 イグニスのオプション値引き限界額
3~4万円 3~4万円

 

イグニス値引きのポイント~その1~

イグニス(スズキ)を値引きする場合、スズキ特有の値引き術を活用する必要があります。どの車も同じ値引き方法でいけるというわけではないのです。ここでは、イグニス値引きに特化した交渉術を紹介します。

 

スズキ同士を競合させる

新車の値引きというと、「ライバル値引きだろう」という意識があると思います。イグニスの値引きに関しても多くの人がそう思っているはずです。しかし、スズキの場合は実は異なってきます。

 

スズキは全国各地に運営企業の違うディーラーが点在しています。なので、それらのディーラー同士を競合させることで、値引き額を引き上げていくことが可能なのです。

 

例えば、「スズキアリーナ」「スズキ自販」「スズキワールド」はそれぞれ違う経営の店舗となっています。当然ノルマも違うので、お客さんの取り合いをしているのです。

 

これらの店舗を何店舗か回って相見積もりを取るだけでも、イグニスの値引きは広がっていきます。

 

ライバル競合もときには重要

 

すでに書いたとおり、スズキ車はライバルディーラー同士をぶつけていくだけで値引きができます。イグニスも同じですが、イグニスは人気車種なので同士競合だけでは値引き額が広がらないケースもあります。そんなときは、ライバル車種を競合させてみるといいでしょう。

 

対抗車としては、ヴェゼルやCX-3が挙げられます。価格帯が異なっているので競合はちょっと難しいですが、イグニスの上級グレードを本命にしておけばある程度対応は可能です。

 

また、価格帯の近い車種を狙うのであればフィットやデミオをぶつけていくのもアリです。どちらかというとこれらの車種の方がスズキディーラー側も警戒しているので、効果は大きいでしょう。

 

オプション値引きがねらい目

 

車体値引きの渋い車種は、オプション値引きを獲得していくのも手です。オプションは全くつけないという人はほぼいないはずなので、自分の欲しいイグニスのオプションに対して値引きをつけていくtことで結果的にコストダウンになります。

 

オプションに関しては、ディーラーとの直接交渉となるので、高いスキルが必要というのが定説です。もちろん、それは間違っていないのですが、効果的な手法はあるのでいくつか覚えて商談に臨んでください。

 

契約直前にオプションを付け加える

 

商談中、オプションはなるべく少な目にしておき、いざ契約!というタイミングでドカッとオプションを追加します。このとき、「オプション忘れてた!あ~値段高くなるなぁ」なんて困ったフリをするのを忘れないでください。そうすると、営業マンは契約をオジャンにしたくないので、オプションを割り引いてくれることが多いです。

 

諸費用を狙う

 

イグニス値引き交渉のときに、「ガソリン満タン」や「諸費用カット」などの提案もすることになりますが、もし断られたときには「オプションを値引きしてよ!」といって代案のようにするとオプション値引きが引き出しやすくなります。相手もこちらの提案を断るぶん後ろめたい気持ちになるので、交渉に応じてくれやすくなるのです。

 

オプションをたくさんつける

 

当然ですが、イグニスのオプション値引きは総額が多ければ多いほど割引額も多くなります。オプションが3万円分で、3万円割り引くことはできませんが、20万円ぶん付けるなら3万円程度はかんたんに割り引いてくれるわけです。

 

なので、できるだけ必要なオプションに関しては積極的に付けていくようにしましょう。その際、契約寸前に多めに追加するなどの工夫も忘れないでください。もちろん、不要なオプションを無理に付ける必要はありません。

 

イグニス情報

日本は路面状況は良いものの、狭いという短所があります。そのため海外では人気のビッグサイズのSUVも、なかなか浸透しませんでした。逆に、日本の道路事情に合ったヴェゼルやCX03といったコンパクトサイズのSUVは評判もよく、売れ筋となっています。そこでスズキも日本ならではの需要を狙い、コンパクトなSUV「イグニス」を発売しました。3ナンバーとなっているので税金面などでも低コストとなっており、お手軽に購入できるSUVとして人気を集めそうです。ユニークな外見をしているのは、ジュークなどのSUVが売れているのを見習ってのことでしょう。

 

イグニスの価格はスペックのわりに驚異的に安く、ハイブリッド標準搭載なのにすべてのグレードが200万円以下となっています。その分値引きは極めて渋い状態となっており、5万円値引きできれば万々歳という状況です。油断すると大損するケースもあるので、必ず下準備を行いましょう。